キャッシング会社の特徴比較

 >   >  知っておきたい実質年率について

キャッシングは実質年率で表示され日割り計算を行う

キャッシングを利用する際に、必ず目にするのが実質年率。

かつては実質年率ではない金利を表記している業者などもありましたが、
現在では、実質年率によって表記することが法で定められています。
めったにないとは思いますが、
もしも実質年率でない金利表記をしている業者があったら、
信用できない業者だと見てよいといえます。

では、実質年率とはなんなのかといいますと、
1年間借入れした場合にかかる金利のことをいいます。

例えば、100万円を18%の実質年率で借りて、一年後に返した場合なら、
総返済額は118万円、利息として18万円を返済することになります。

キャッシングは日割り計算

キャッシングの場合だと、借入れから1年間
まったく返済しないということはほぼありません。
月々いくらづつという形で返済することになります。
その際に、どうやって計算するのかといいますと、
日割りで利息分の計算を行います。

極端な例ですが、100万円を18%の実質年率で借りて、
1日後に返済した場合には、

100万円 × 0.18 ÷ 365 = 493円

利息分は493円となり、総返済額は100万493円となります。

ということは、できるだけ短期間で返済することで、
利息負担分を大幅に減らせるということですね。

実際の借入れでは、計算はもっと複雑になってしまいますが、
業者サイトなどには、返済シミュレーションのサービスが用意されています。
こういったシミュレーションツールなどをうまく活用して計算すると、
より簡単に利息や返済額を知ることができるわけです。

余裕のあるときは繰り上げ返済

キャッシングではほとんどの場合、最低限月々返済しなければならない、
約定返済額という金額が決まっています。
この金額を返済することはもちろんのこと、
もしも余裕があるときには、追加での返済、繰り上げ返済を行うことで、
返済の負担を減らすことができます。

繰り上げ返済をすると、その返済した日付ごとに日割り計算となり、
その都度、総返済額から減額されるわけですから、その後の金利計算にも
反映されて、結果として全体の返済額を減らすことに繋がるのです。

もちろん繰り上げ返済を行ったからといって、月々の通常の返済をしなくていい
というわけではありませんから、その月の返済負担は大きくなりますから、
本当に余裕があるときに行うことが前提となります。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.