キャッシング会社の特徴比較

 >   >  お金を借りる3つの方法※困っている方だけね

お金を借りる3つの方法※困っている方だけね

不況、予期せぬ環境の変化等々で資金が底をついてしまい お金がない状態で非常に厳しい生活に陥るということは 誰しもがあり得る話ではないでしょうか。

借りると考えるとどうしてもキャッシングという形しかないと 考えがちですが実はいくつか申請が必要ですが方法はあります。

NO,1 条件付き:生活福祉資金貸付制度を活用すれば無利子で3ケタ万円も可能

条件付きではあるがこういった制度がある。 無利子の場合はは流石に連帯保証人が必要ですが以下の様な方が 貸付対象になっています。

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

表の参照元:厚生労働省 :生活福祉資金貸付制度

こういったセーフティネットがあるから日本は安全に暮らすことができるということは 言うまでもないですが借入困難という状況下の方で知らない人も多いのかもしれません。

勿論、連帯保証人がいれば無利子とはいえ返済が必要な貸付の為お金が原因で現状を変える事ができない という方だけにはなるでしょう。ですが、他の違法業者から誤って借りてしまうことは避けて 欲しいという意味で当サイトでも紹介させて頂きました。

NO,2 医療保険 生命保険等を担保に契約サービスからお金を借りる

2つ目も意外に知らない人は多いでしょうし、実際は生命保険等の積立保険に 入っている方がお金を借りることはそこまで多くはないのかもしれませんが、 掛け捨てではなく積立保険であればこういった制度を導入している保険会社が 多数あります。

実際金利も低金利ですので銀行などから借りるよりもお得な場合が あるかもしれません。詳しくはご自身の加入されている保険会社担当者さんに お問い合わせをしてみましょう。

NO,3 公衆接遇弁消費という制度でおまわりさんから借りる

これは本当に緊急時の時だけですが、お財布を落としてしまったとか すられたとか何らかな理由で家まで帰ることができない時などに近くの 交番に小額(1000円~上限はない)を貸してもらうことができる制度です。

今は携帯電話などがあるのでそういった状況に陥った時は 知人や家族に電話をし車で迎えに来てもらうとかができるので これを利用する人も少ないのかもしれません。

しかし日本は恵まれていますね。色々な状況で守ってくるれるというのは。 とてもありがたいことですわ。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.