キャッシング会社の特徴比較

 >   >  DCカードのキャッシングにおける特徴について

DCカードのキャッシングにおける特徴について

DCカードといえば、現在でも大手信販会社であることには変わりがありません。
しかし最近では、大手銀行グループの一角をになう存在となり、
多少なりともその役割は変化しております。
では、DCカードのキャッシングに関しては、どのような特徴があるのでしょうか。

DCカードの特徴

DCカードのキャッシングの特徴としては、
カードローンとキャッシング、明確に二本立てとなっているところです。
最近では、カードローンなのにもかかわらずキャッシングと銘打って
販売しているところもあるようですが、
そのあたりDCカードはしっかりとしております。

キャッシングとカードローンの最大の違いは、返済方式です。
キャッシングの場合には原則1回払いなのに対して、
カードローンの場合には複数回に分けて返済することになっております。
DCカードのキャッシングも、元利一括払いという返済方式になっています。
そして、金利に関してですが、
14.95パーセントから17.95パーセントという風になっております。
この数字は、他の消費者金融などと比べると、
下限金利が高く設定されております。

というのも、DCカードのキャッシングで利用できる金額が、
100000円が上限となっているからです。
消費者金融などのキャッシングでは、多く借り入れる人、
500万程度の人であれば、金利が4パーセント程度になることも珍しくはありません。
しかし、100000円までしか枠がないのでは、金利幅を持たせようもありません。

最近のクレジットカード各社に言えることですが、
クレジットカードによるキャッシングを、
以前と比べてあまり重視しなくなっております。
経費がかかってなかなか収益をあげられないのがその理由です。

使用目的が原則自由となっているのも、DCカードのキャッシングです。
ただし、事業性の高い資金については除かれます。

カードローンに関しては、金利はほぼキャッシングと似たようなものですが、
返済回数と期間が大きく異なります。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.