キャッシング会社の特徴比較

 >   >  5万円融資の貸付条件と金融会社の選び方

5万円融資の貸付条件と金融会社の選び方

5万円の少額融資であれば、無職ということでなければ
消費者金融の利用も可能です。

総量規制ではリボルビング方式で契約を行った際に
5万円を超える融資については信用情報機関で
貸し付け残高をチェックすることが義務づけられています。

加えて貸し付け残高が10万円を超える場合は
途上与信も義務事項に付加されています。

5万円の融資であれば信用情報機関のチェックのみで利用が可能

つまり5万円融資で初めての利用の場合は信用情報機関の
初期のチェックのみで利用できることになります。
この5万円融資の基準は1ヵ月の貸し付け額がベースとなるのですが、
収入がないなどのケースを除いては借り入れが容易な額です。

初めての場合で50万円くらいの融資の場合は条件が付く場合も

消費者金融では初めての利用に関しては貸し付け条件に
十分にあてはまる場合でも慎重になることがあります。

例えば、初めての利用で50万円の融資は条件がつきます。
50万円以下の場合は基本的に本人確認書類のみでOKですが、
初回の融資では保険証などの提出や収入証明書を求めることがあります。
これも貸し付け条件に明記されているので、申し込む際に
目を通しておくことが大事です。

ただし、5万円融資となると、ほぼ本人確認書類のみで 融資を受けることができます。

消費者金融の中には10万円以下の融資であれば、
書類提出を簡素化し、本人確認書類の画像のみで対応しているところもあります。
また、自治体が窓口になっている公的融資では10万円を単位に
無利子で貸し付けており、5万円融資の範囲であれば無利息のキャッシングを
実施している消費者金融の利用も一つの検討先です。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.