キャッシング会社の特徴比較

 >   >  150万円の借入れをまとめたい

150万円の借入れをまとめたい

2~3年前だったかと?まとめローンのTVコマーシャルよく流れてましたね。
複数借入れを一本化するまとめローンはそれより前から存在したのですが、
通常の借入れが総量規制によって、年収の三分の一までに制限されたこととの差別化のために、 各社で大きく取りあげていたのであろうと個人的には考えています。

例えば150万円という金額を特におまとめ目的ではなく、
消費者金融のキャッシングで借りるなら、総量規制によって年収が450万円以上
でなければ絶対に借りられませんが、まとめ目的であれば総量規制の除外項目となるので、 法律的な理由で融資不可ということはなくなります。
もちろん審査そのもので、融資不可となることはあり得ます。

銀行の場合だと、総量規制は関係ないので、たとえおまとめ目的でなくても、
借入れは可能ですが、もちろん審査は比較的厳しいものになります。
年収に対しての上限設定がはっきりと決まっていないということは、
却って審査において判定する要素を多く残しているともいえるわけです。
まとめ目的のほうが、使途がはっきりしている分、審査が甘くなる傾向にあるといえますが、 消費者金融よりは厳しいと思われます。

消費者金融および銀行において、おまとめ目的であれば総量規制について気にする必要はないのです。 どちらかというと何社からの借入れをまとめるのか?
つまり一本化する借入れそれ自体が、何社目になるのかのほうが審査への影響があるかと思います。 そういった意味では3社目か4社目の一本化、まとめローンが
ボーダーラインとなってくると考えられます。

まとめローンの最大のメリット

複数のローンをひとつにまとめる【まとめローン】の最大といえるメリットは、
借入れ総額が合算され、低金利化することに加えて、
月々の返済金額が少なくなる(返済期間は長くなる)ため、
利用者の毎月の返済負担を大幅に小さくできる点です。

具体例を挙げれば、3つの業者に1万円づつ返済、合計月3万円の返済だったものが、
まとめローンで、ひとつの業者に1万8000円のみ返済といったように、
1万2000円分の負担が少なくなるというような形です。
逆に言うと、月々の返済額が減らないのならばまとめローンを行う意味がない。
ともいえます。

まとめローンも目的ローンのひとつ

目的がはっきりとしている、使途が限定されている借入れという点では、
まとめローンも目的ローンのひとつなのです。
ただ、住宅ローンや、マイカーローンはそれぞれ住まいや車を購入し、
これらは担保にもなり得ますが、まとめローンではお金を返すことが目的で、
基本的に担保となるものは存在しません。
目的ローンともいえるものの、こういった決定的な違いがあることを、
覚えておくとよいでしょう。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.