キャッシング会社の特徴比較

 >   >  電話での在籍確認なしでキャッシングしたい場合

キャッシングすることを会社に知られると都合が悪いという方へ

キャッシングの審査では、利用者に一定の収入があることを見極める為に、
申し込み時に申告した勤務先に対して、電話での在籍確認が行われます。

ほとんどの場合、お金を借りるということを好き好んで会社に知らせたい。
という方はいないでしょう。というよりもできれば会社には知られたくない
と考える方のほうが多いといえます。

電話での在籍確認では、業者が業者名を名乗って電話をかけることはありません。
担当者の個人名で、個人的な知り合いであるとして
電話がかかってくることになります。

通常の業務で電話がかかってくることの少ない会社や、
申込者あての電話がかかってくることが珍しい場合などには、
電話がきたというだけで、怪しまれる原因になってしまいますね。

在籍確認の電話は回避することはできる?

この電話での在籍確認を回避しての借入れは可能なのかといいますと、
業者にもよりますが可能だといえます。

電話での在籍確認の替わりに、
その会社に在籍していることを証明できる書類を提出することで
在籍を確認するわけです。

■ 在籍証明証
■ 給与明細
■ 社員証

などの書類を、審査の状況によっては複数提出する形になります。

書類を提出しなくても借りられる業者とは

プロミスやレイクなどでは、上記のような対応をしてくれるケースがほとんどですが、
モビットの場合には一定の条件を満たしていれば、
電話での在籍確認、在籍を証明する書類を提出のどちらもなしで、
借入れが可能となります。

■ 三井住友銀行の口座
■ 三菱東京UFJ銀行の口座

このいずれかを振り込み先に指定することで、
在籍確認をせずに、WEB完結での申し込みに対応しています。

Copyright キャッシング会社の特徴比較. ALLRIGHTS RESERVED.